DEPARTURE
レビュー&コラム > 「MEDIA AMBITION TOKYO」東京と世界と、過去と未来と 技術と芸術が爻わる祭典。


「MEDIA AMBITION TOKYO」東京と世界と、過去と未来と 技術と芸術が爻わる祭典。

January 10th, 2013 Published in レビュー&コラム

Share on Facebook

WELCOME TO CRAZY TECHNOLOGIES

東京と世界と、過去と未来と
技術と芸術が爻わる祭典。

>その昔、東京は技術と芸術の都だった。
>>そして、2013年2月。
>>>その東京が帰ってくる。
>最先端のアート、映像、音楽、パフォーマンスが
>>>集まり、融合し、爆発し、世界へ発信する
>>テクノロジーアートのショーケース。
>>>>MEDIA AMBITION TOKYO.
>>>東京が置き去りになる前に
>>アートで東京を変えよう。

今年の2月も、「文化庁メディア芸術祭」や「恵比寿映像祭」、メディアアート月間「デジタルショック」など、メディアやテクノロジーの変化にともなって生まれている新しい文化に焦点をあてたフェスティバルや展覧会が東京で集中的に開催される。

これらの流れを加速し、拡張させていくために、CG-ARTS協会はさまざまなジャンルのアーティスト達とともに新しいイベント「MEDIA AMBITION TOKYO(メディア・アンビション・トウキョウ)」をスタートさせる。

中核となるライブは、2月15日(金) 20時から六本木ヒルズ52Fのマドラウンジで開催。ジャンルやカテゴリーの枠を超えた新しいカルチャーの潮流の創出と、都市を舞台にしたテクノロジーやアートが共生共栄する、日本のネクストビジョンを世界に向けて発信するファーストステップである。

参加アーティスト(50音順)
エンライトメント(アーティストユニット・VJ)
OPEN REEL ENSEMBLE(アーティスト)
高木正勝(音楽家・映像作家)
テイ・トウワ(DJ・音楽プロデューサー・アーティスト)
チームラボ(ウルトラテクノロジスト集団)
TETSUYA SUZUKI(DJ)
原田大三郎(映像作家)
HICO(モデル・DJ・アーティスト)
ピエール瀧(電気グルーヴ・ タレント・DJ) 
MOODMAN(DJ)
ライゾマティクス(デザインファーム) 
RUBY(DJ・アーティスト)

▶ MEDIA AMBITION TOKYO(MAT)開催概要

会場:六本木ヒルズ52F (マドラウンジ、スカイギャラリー他)
日程:2013年2月15日(金)
チケット:前売4,000円 当日5,000円(東京シティービュー入場料込)
e+ (イープラス)  チケットぴあ  0570-02-9999 (Pコード189-514)

主催:CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
共催:六本木ヒルズ
空間構成: JTQ株式会社
キービジュアル: TYCOON GRAPHICS

公式フェースブックhttps://www.facebook.com/mediaambitiontokyo
公式ウェブサイト http://www.mediaambitiontokyo.jp/