DEPARTURE
レビュー&コラム > 学生CGコンテストの作品を大阪で上映(4)


学生CGコンテストの作品を大阪で上映(4)

June 13th, 2014 Published in レビュー&コラム

Share on Facebook

スクリーンショット 2014-06-13 9.07.12

阪急うめだ本店9階にある「祝祭広場」のアートビジョンでは、若手クリエイターの映像作品を紹介しています。6月11日から6月24日の期間に上映される作品は、第17回学生CGコンテストでノミネートした、小谷野萌さんの『きゅうり』と、落合桂子さんの『いぐあな』です。落合さんは第17回で『real far』がノミネートしています。

『きゅうり』は山本一樹氏の楽曲によるミュージックビデオで、アクリルガッシュを用いたアニメーション作品です。『いぐあな』は、粘土を使用したクレイアニメーションで、イグアナの皮膚の模様をミクロな視点で捉えています。どちらも素材を生かした美しい色彩が特徴的で、観る人をどこか遠くへ連れて行ってしまうようなイメージを持った作品です。2人のアニメーション作家による作品を、是非ご覧下さい。なお、第20回学生CGコンテストは、6月末に募集要項発表、7~9月に作品募集、11月に受賞作品発表の予定で準備を進めています。

6月のショートフィルム 若手映像作家作品より

会場:阪急うめだ本店祝祭広場アートビジョン
期間:2014年6月11日(水)~6月24日(火)
作家:落合桂子/小谷野萌
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/artvision/

<プロフィール>
落合桂子(おちあい・けいこ)
1989年東京生まれ。
2013年 多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 メディア芸術コース卒業。大学時代に粘土をメインに使用したストップモーションアニメーションを主に制作。現在は会社に勤めつつ、作品を製作している。

小谷野萌(こやの・もえ)
1989年、東京生まれ。2012年に東京工芸大学アニメーション学科を卒業。2014年に東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了。言葉や感覚を始点にドローイングアニメーションを作っている。

■プログラム:6月11日(水)~6月24日(火)

落合桂子「いぐあな」1:57

YouTube Preview Image

小谷野萌「きゅうり」3:33

YouTube Preview Image