DEPARTURE
世界のフェスティバル > 札幌国際芸術祭2014 – vol.10 イベント紹介


札幌国際芸術祭2014 – vol.10 イベント紹介

July 24th, 2014 Published in 世界のフェスティバル

Share on Facebook

DEPARTUREの「世界のフェスティバル」で、これまで9回にわたり札幌国際芸術祭2014の見どころを紹介してきたレポートも今回が最終回。今回は会期中に開催される主催イベントや関連イベントをいくつかご紹介しよう。

高谷史郎「CHROMA」

デレク・ジャーマンの映画音楽でも知られる音楽家サイモン・フィッシャー・ターナーをはじめ、ダンサー、ミュージシャン、プログラマー、映像クリエイターなど、様々なアーティストが参加する国際プロジェクト。「CHROMA(クロマ)」とは「色彩」のことであり、アリストテレス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ヴィトゲンシュタインなどの色彩にまつわる言説を引用しつつ、デレク・ジャーマンがエイズによって視力を失いながらも死の直前に書いた著作「CHROMA」を原点としている。
現代のダンス、パフォーマンス芸術の新たな可能性を開拓したこの作品は、SIAF2014が多彩な芸術表現の可能性を示すという意味で、とりわけ舞台芸術の領域における重要な位置付けとなっている。道内初公演。

公演日:7月26日(土) 開場18:30 開演19:00
7月27日(日) 開場14:30 開演15:00
2014年3月14日(金)販売開始
会場:札幌市教育文化会館 大ホール
チケット情報はこちら

学生CGコンテスト20周年企画イベント

20th Anniversary Campus Genius Award Event
会場:札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北3条交差点広場
日時:2014年8月4日(月)15 : 00 ~ 17 : 00
主催:CG-ARTS協会
入場料:無料
http://bit.ly/1oDwb2z

1)ししやまざき上映&トーク

自分自身を撮影した映像をもとに、ロトスコープと呼ばれる実写をトレースした手法でアニメーションを制作しているビデオガール、ししやまざきの作品上映とトーク。作家として積極的なギャラリーでの個展開催の他に、プラダや資生堂、パルコ、ルミネなど、企業のプロモーション映像なども手掛けるなど、幅広い創作活動についてのお話などをお聞きする予定。

出演:ししやまざき第18回学生CGコンテスト優秀賞
モデレーター:渡邉朋也萩原俊矢(学生CGコンテスト評価員)
時間:15:00〜15:55

2)若手作家にとってのコンテストと芸術祭

pixivやYouTube、ニコニコ動画などの普及や、コミケやデザフェスのような同人コミュニティーの充実によって、作品の作り手と鑑賞者の関係も変化し、コンテストや芸術祭の役割も変わり始めている。札幌でメディアアートやメディアデザインの教育にたずさわる二人をお招きし、アートやクリエイティブな分野に進もうとしている若者に向けて、コンテストや芸術祭の活用方法について話合う予定。

出演:小町谷圭(札幌大谷大学講師)、石田勝也(札幌市立大学講師)
モデレーター:原田大三郎(学生CGコンテスト審査員長)、阿部芳久(CG-ARTS協会)
時間:16:00〜17:00

<備考>
上記のイベントに加えて、学生CG コンテストの作品上映を、札幌国際芸術祭2014の主催事業として7月19日から9月28日まで、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北3条交差点広場で開催。

※第20回学生CGコンテスト作品募集中(〜9/16)
http://campusgenius.jp/2014/

スクリーンショット 2014-07-10 7.47.18

札幌巡回「TRACE」

身近な事象を様々な手法でうつしとり、今まで見えていなかったものを鮮やかに現出させるメディアアーティストの橋本典久。精緻な描写と、夢と現実が交錯する表現で世界的に高い評価を受けるアニメーション監督の今 敏。
本展では独自の視点で世界をトレース(trace=描く、写す、追跡する)する二人の作品を中心に、メディア芸術の魅力を紹介。
あわせて、本展アーティストである橋本氏によるワークショップとガイドツアー、今 敏監督作品の特別上映&トークイベントも開催。

会期:2014年8月1日(金)~8月10日(日)10:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
会場:北翔大学北方圏学術情報センターPORTO
サテライト会場:NHK札幌放送局1Fロビー入場料:無料
主催:文化庁
共催:札幌市、北翔大学芸術学科
企画監修:札幌メディア・アーツラボ(SMAL)
*本企画展は、札幌国際芸術祭2014の連携事業です。

インターネットヤミ市 4 in 札幌

「インターネットが降臨する場」の創出を目指し、100年前から活動を続ける秘密結社IDPW(アイパス)を中心とした実行委員会が主催する「インターネットヤミ市」が、東京、ベルリンに続いて、札幌上陸!札幌国際芸術祭2014の一環として、8月3日(ヤミの日)にさっぽろテレビ塔で開催される。

会期:2014年8月3日(日)
時間:13:00〜20:00
会場:さっぽろテレビ塔2Fホール(札幌市中央区大通西1丁目)
入場料:無料
お問い合わせ:IDPW広報部 idpw.contact@gmail.com

これまでご紹介してきた札幌国際芸術祭2014の紹介レポートは今回で完結となる。ご紹介しきれなかった作品やイベントもたくさんあるので、札幌国際芸術祭2014の公式サイトで最新情報を確認して、ぜひ現地に足を運んでご参加ください。

札幌国際芸術祭2014 紹介レポート一覧
vol.1 本日より開幕!開催テーマは「都市と自然」
vol.2 札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ) 
vol.3 北三条広場〜北海道庁赤れんが庁舎
vol.4 札幌市資料館
vol.5 島袋道浩作品その2〜北海道立近代美術館
vol.6 札幌芸術の森美術館
vol.7 清華亭(毛利悠子『サーカスの地中』)
vol.8 モエレ沼公園
vol.9 札幌大通地下ギャラリー500m美術館
vol.10 イベント紹介