DEPARTURE



第14回アルテ・ラグーナ賞が作品を募集中(締切11/27)

October 23rd, 2019 Published in 世界のフェスティバル

アーティストおよびデザイナーに向けた世界的なコンテストの1つである第14回アルテ・ラグーナ賞では現在作品を募集しています。当コンテストの目的はアーティストやデザイナーの活動促進にあります。14年以上にわたる活動によって、アルテ・ラグーナ賞はアーティストやデザイナーとの世界的な協力ネットワークを築いています。ヴェネツィアのアルセナーレにおけるファイナリストたちによる展覧会の開催や、総額40,000€にのぼる賞金の贈呈、その他様々な賞や機会を提供します。

アルテ・ラグーナ賞の紹介映像
YouTube Preview Image

作品募集締切:2019年11月27日(水)まで

募集ジャンル:
絵画、彫刻、インスタレーション、写真、ビデオアート、短編映画、パフォーマンス、ヴァーチャルアート、デジタルアート、環境アート、アーバンアート、デザインなど。

アルテ・ラグーナ賞のこれまでの実績
・約120か国から47,000に上るアーティストが参加
展示した作品1,470
・国際的なパートナー100 以上
・審査員は84
・来場者数100,000人以上

賞品
アルテ・ラグーナ賞:4作品に賞金10,000ユーロ(総額40,000ユーロ)

ファイナリスト120名による展覧会での展示(ヴェネツィア、アルセナーレ。2020年3月21日– 4月13日)

アーティスト・イン・ギャラリー賞:2作品
2つのギャラリーがそれぞれ1作品ずつ選定し、ギャラリーにて個展を開催します。
Galerie Isabelle Lesmeister(レーゲンスブルク、ドイツ)
Jonathan Ferrara Gallery(ニューオリンズ、米国)

サステナビリティ・アンド・アート賞:アルミニウムおよびアルミパッケージに関するサステナビリティや再生利用を促進するプロジェクトに贈られます。

アーティスト・イン・レジデンス賞:世界6か所(イタリア2か所、ロシア、スペイン、インド、モーリシャス)

・ビジネス・フォー・アート
賞:賞金のほか企業とのコラボレーションなどもあります。

・フェスティバルおよび展覧会との連携賞
:ロシア、北京、スロヴェニアで開催されるフェスティバルや展覧会に出展する機会を得られます。

※その他、展覧会カタログでの紹介等。

審査体制
・キュレーター/主査
Igor Zanti(伊)キュレーター、美術評論家

・審査メンバー
Iwona Blazwick(英)Whitechapel Gallery(ロンドン)ディレクター
Karel Boonzaaijer(オランダ)建築家、デザイナー
Valentino Catricalà(伊)現代美術キュレーター、Maker Faire(ヨーロッパ版)アートセクションディレクター
Aldo Cibic(伊)建築家、デザイナー
Erin Dziedzic(米)Kemper Museum of Contemporary Artチーフキュレーター
Zhao Li(中)北京中央美術学院教授、第53回ヴェネツィア・ビエンナーレ中国パビリオン・キュレーター
Riccardo Passoni(伊)GAM – Civic Gallery of Modern and Contemporary Artディレクター
Vasili Tsereteli(露)Moscow Museum of Modern Artキュレーター

 

アルテ・ラグーナ賞のサイト:www.artelagunaprize.com

応募規約ページ:https://www.artelagunaprize.com/terms-and-conditions

作品応募はこちら:https://artelaguna.world/en/arte-laguna-prize-2019/#reg-form