DEPARTURE



京都国際映画祭で学生CGコンテスト受賞作上映

October 6th, 2014 Published in レビュー&コラム

京都国際映画祭×学生CG上映4

 

10月16日より「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに掲げる映画祭、「第1回京都国際映画祭」が始まります。学生CGコンテストでは、国内外で高い評価を集めた学生作品を集めた特別プログラム「Campus Genius Selection」を京都国際映画祭のアート部門で上映します。

京都国際映画祭は1997年度から「映画都市・京都」を世界に発信するため開催されてきた「京都映画祭」の志を継承し、新たな映画文化を創り上げるべくスタートした映画祭です。同映画祭では、「映画もアートもその他もぜんぶ」というテーマの通り、映画、映像にとどまらず、アートの分野にも視野を広げたバラエティ豊かな作品・イベントが開催されます。

学生CGコンテストもまた、1995年に学生によるコンピュータグラフィックス作品を対象にして始まったコンテストですが、今ではアート、デザイン、アニメーション、映像、ゲーム、ウェブ、アプリ等あらゆるジャンルを対象としたコンテストになっています。従来の枠を超えようとする姿勢は、学生CGコンテストも同じです。実験性に富み、挑戦的な学生作家のアニメーションや映像作品を集めたプログラム「Campus Genius Selection」を是非お楽しみください。

Campus Genius Selection

会期: 10月16日~19日
会場: 京都国際芸術祭 立誠小学校2F東教室 特設シアター http://risseicinema.com/access
開館時間:10時~19時(19日のみ16時半まで)
時間: 約70分(特設シアター開館中は、いつでもご覧いただけます。)

京都国際映画祭公式HP http://kiff.kyoto.jp/
学生CGコンテスト公式 HP http://campusgenius.jp/2014/

上映プログラム
『Airy me』久野 遥子
『1912-2012 vol.1/おたっしゅ!!』中村 将志
『肛門的重苦 Ketsujiru Juke』冠木 佐和子
『コーポにちにち草のくらし』若井 麻奈美
『CYCLOID』黒木 智輝
『底なしウインナー』川口 恵里
『hug』いよりさき
『USALULLABY』池 亜佐美
『絡繰観音』岩本 有史
『孵化日記』青柳 菜摘
『ニュ〜東京音頭』ぬQ
『ホリデイ』ひらのりょう

学生CGコンテスト番組配信のお知らせ

10/8(水)、10/9(木)、11/6(木)の日程で、学生CGコンテストの審査過程をインターネットでライブ中継します!
https://dep-art-ure.jp/?p=8561