DEPARTURE



学生CGコンテスト最終審査会レポート、20回目の記念すべき最優秀賞はこうして決まった!

November 10th, 2014 Published in チャンネルD

_MG_9172

第20回学生CGコンテストの最終審査会が 11月6日(木)17時から CG-ARTS協会でおこなわれ、受賞作品が決定した。

2つの評価員グループによって選ばれたノミネート83作品を5人の審査員が予め評価。最終審査会では、その評価集計で高いポイントを獲得した40作品について審査が行われた。作品をディスプレイに映しながら高い評価をつけた審査員から講評が述べられ、それに対する意見が交わされた。

作品講評が一巡した後で、最優秀賞と優秀賞に相応しいと思う作品を投票によって絞り込み、対象となった作品について、各審査員が6作品に10点の持ち点を配分する形で投票を行った。審査員の属性や方向性によって評価が分かれることもあったが、議論と投票を何度か繰り返して最優秀賞1作品と優秀賞5作品が決定した。

第20回の最優秀賞は、ノガミカツキさんのパフォーマンス作品『山田太郎プロジェクト』に決まった。学生CGコンテストは第17回(2011年)のリニューアル時に部門制を排しているが、3年連続でアニメーション作品が最優秀賞であったので、リニューアル後初めてのパフォーマンス作品の最優秀賞である。優秀賞においてもアニメーションが3作品受賞し、相変わらずの強さを示したが、インタラクティブアートと写真が1作品づつ入るなど、多様性を示すこととなった。

審査の過程は全てネットでライブ中継し、現在も録画を見ることが出来る。何故その作品が選ばれたのか、どのようなプロセスで選ばれたのかが全てオープンにしているのも新しい学生CGコンテストの大きな特徴。最終審査で講評されている作家だけでなく、若い作り手にとっても多くのことが学べるのではないだろうか。

最終審査会(前半)

次の作品順に審査が進められた。このアドレスでは審査の録画を見ることが出来ます。http://www.ustream.tv/recorded/54997913

『ああ/良い』ShiShi Yamazaki(アニメーション)
『halocline』長谷川 きみ(グラフィック)
『市澤さんにバツの話を聞く』山内 祥太(映像)
『HERO』田中 海斗(アニメーション)
『どっと*むかし』井上 侑香(インタラクティブアート)
『overture』平田 裕貴(ゲーム)
『日々の罪悪』キム・イェオン(アニメーション)
『The 360° Skyline Song』松井 克文(インタラクティブアート)
『The closet』米谷 聡美(アニメーション)
『あらら』石谷 恵(アニメーション)

『NEKKO WORK』坂本 直也(アニメーション)
『ゆきすすみさりゆき』くわがた(ウェブ)
『理解できないことを理解する』橋本 祥吾(映像)
『だつお個展』だつお(個展)
『循環』横山 香哉(映像)
『りんごごりんご~おかえりわたし~』田島 かおり(アニメーション)
『石が放置される』矢野 志音(写真)
『stone meditation』木村 達人(映像)
『パモン』当真 一茂(アニメーション)
『WORMY』水井 翔(映像)

『GYRØ』円香(アニメーション)
『正太郎』前田 結歌(アニメーション)
『AMI Absorbent, Mapping, Interaction』古郡 唯希(インタラクティブアート)
『コックローチパニック』森山 瑠潮(アニメーション)
『Brother』wakuwa(アニメーション)
『フランスパンスナップ』長内 美紗子(写真)
『万有引力 – universal gravitation -』持田 寛太(インタラクティブアート)
『FLYING BREAD』山内 祥太(映像)
『ヨコとか下とか』小林 椋(インスタレーション)
『写場』曽根 光揮(インタラクティブアート)

『想い雲』中舎 康平(アニメーション)
『黄色い気球とばんの先生』幸 洋子(アニメーション)
『だっぴするためにひつようなこと』大城 良輔(アニメーション)
『なまずは海に還る』岩瀬 夏緒里(アニメーション)
『おでかけ』川上 彩穂(アニメーション)
『Willey`s Night of Surprises』小島 良介(アニメーション)
『山田太郎プロジェクト』ノガミカツキ(パフォーマンス)
『アオハルは突然に…』三浦 光理(アニメーション)
『映像の向こう側』木村 智也(ゲーム)
『the Unexpected Form』安達 裕平(映像)

最終審査会(後半)

最優秀賞と優秀賞の対象とする作品への投票、10点持ち点方式での最終投票、議論によって受賞作品が決まった。このアドレスでは受賞作品が決まっていくプロセスを見ることが出来ます。 http://www.ustream.tv/recorded/55001243

————————————————————————————————————————————

受賞作品一覧

☆ 最優秀賞
『山田太郎プロジェクト』ノガミカツキ(パフォーマンス)

☆ 優秀賞
『おでかけ』川上彩穂(アニメーション)
『だっぴするために必要なこと』大城良輔(アニメーション)
『写場』曽根光輝(インタラクティブアート)
『Willey`s Night of Surprises』小島良介(アニメーション)
『フランスパンスナップ』長内美紗子(写真)

○ 審査員賞
『halcoine』長谷川 きみ(グラフィック)
『万有引力 – universal gravitation -』持田寛太(インタラクティブアート)
『Brother』wakuwa(アニメーション)
『想い雲』中舎康平(アニメーション)
『黄色い気球とばんの先生』幸洋子(アニメーション)
————————————————————————————————————————————

審査経緯レポート

ノミネート選考会レポート(第1グループ)
ノミネート選考会レポート(第2グループ)