DEPARTURE



鈴木沙織さん、池亜佐美さんの作品を大阪で上映

March 17th, 2015 Published in レビュー&コラム

感傷の沈殿

阪急うめだ本店9階にある「祝祭広場」のアートビジョンでは、若手クリエイターの映像作品を紹介しています。3月11日から3月24日の期間に上映される作品は、鈴木沙織さんの『感傷の沈殿』、池亜佐美さんの『USALULLABY』です。

今回上映される鈴木さんの『感傷の沈殿』は、生命が溢れるような豊かなイメージを、切り紙や半立体の人形など様々な素材を用いて表現したアニメーション作品です。この作品は、第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で審査員推薦作品として選ばれました。池さんの『USALULLABY』は、巨大なイルカとミクロなうさぎたちが光と闇の中でうごめく詩的なアニメーション作品です。この作品は、第19回学生CGコンテストで馬定延さんによる評価員賞を受賞しています。

3月のショートフィルム 若手映像作家作品から

会場:阪急うめだ本店祝祭広場アートビジョン
期間:2015年3月11日(水)~3月24日(火)
作家:鈴木沙織、池亜佐美
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/artvision/

<プロフィール>
鈴木 沙織(すずき・さおり)
1988年生まれ。女子美術大学芸術学部絵画学科卒業。アート・アニメーション学校の夜間コースにて真賀里文子氏のもと、人形アニメーションを学ぶ。 マルチプレーンの撮影台を組み、半立体の人形を使い色彩豊かな画面を心がけ制作をしている。東京芸術大学大学院映像研究科に在学中。
Web:http://saoriart.tumblr.com

池 亜佐美(いけ・あさみ)
アニメーションと伴う音楽を制作。劇場上映をはじめ、インスタレーションや舞台、映画照明など、様々な上映形態にあわせアニメーションをデザイン。1987年東京生まれ。2011年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、2013年同学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。作品は広島国際アニメーションフェスティバルをはじめ、国内外で上映される。
Asami Ike Animation & Music:http://liltasm.com

■プログラム: 3月11日(水)~3月24日(火)

 
『感傷の沈殿』(6:14)

感傷の沈殿

 
『USALULLABY』(3:26)

なお、第21回学生CGコンテストの作品募集は6月下旬を予定しています。
学生CGコンテスト公式HP http://campusgenius.jp/