DEPARTURE



学生CGコンテスト 審査過程をインターネットでライブ中継!10/9・10/13・11/7

October 8th, 2013 Published in チャンネルD

19学生CGノミネート表紙

第19回 学生CGコンテスト(Campus Genius Award)は昨年を上回る521作品の応募がありました。応募者は大学、 大学院、 専門学校などを中心に、高校、中学、小学校に至る幅広い年齢層に広がり、そしてアートやデザイン、メディアを専門的に学んでいる学生だけでなく、自発的に新しいメディアを使った表現活動をしている学生からも応募が増えています。応募作品の種類は部門性を排した学生CGコンテストならではの多様性が見られます。

学生CGコンテストでは、今年も受賞作品決定するまでの審査過程をインターネットでライブ中継します。「ノミネート選考会」は10月9日(水)と10月13日(日)に実施。作品講評と審査によって最終審査会に進めるノミネート作品がその場で決定。11月7日(木)の「最終審査会」では、今年度の受賞作品が選ばれリアルタイムに発表されます。

コンテストの審査会というのは一般的には非公開なものですが、その中で行われている議論や、なぜその作品が選ばれたのかという理由やプロセスを知ることが若い作り手にとっては貴重であると考え、学生CGコンテストでは審査を公開しています。

————————————————————————————————————————–

19th 学生CGコンテスト審査スケジュール

▼ノミネート選考会
最終審査に進めるノミネート作品を50作品程度決定します。【ライブ配信あり】

日時:10月9日(水) 17時〜20時
出席:評価員(第2グループ)
武田 俊(ディレクター/KAI-YOU)、谷口充大(ディレクター/テトラ)、
萩原俊矢(ウェブデザイナー)、小村一生(プロデューサー/ワンオアエイト)

日時:10月13日(日)14時〜17時
出席:評価員(第1グループ)
谷口暁彦(作家)、土居伸彰(アニメーション研究・評論)
馬 定延(メディアアート研究)、渡邉朋也(作家)

▼最終審査会
審査員が集まり議論によって本年度の受賞作品を決定します。【ライブ配信あり】

日時:11月7日(木) 17時〜20時
出席:審査員
原田大三郎(審査員長/映像作家)
四方幸子(キュレーター)、高須正和(チームラボ/ニコニコ学会β)、
豊嶋勇作(プロデューサー/デジタル・フロンティア)、水江未来(アニメーション作家)

ライブ配信はこちらから☞    http://www.ustream.tv/recorded/27466327
学生CGコンテスト公式 HP     http://www.cgarts.or.jp/scg/

————————————————————————————————————————–

19th 学生CGコンテスト応募状況

■募集作品
アート、デザイン、アニメーション、映像、マンガ、ゲーム、アプリ等、ジャンル不問。
新しいメディアやテクノロジーと向い合っているあらゆる作品を対象にしています。

■作品募集
2013年7月9日(火)10:00 ― 9月17日(火)19:00

■応募作品数
521作品(前回:499作品 前回比:104.4%)

■男女比
男:59%、女:39%、不明:2%

■学校区分
大学院:20.2%、大学:31.9%、短大:0.4%、各種学校:0.6%、専門学校:37.0%、
高等専門学校:0.2%、高校:8.3%、中学校:0.4%、小学校:1.2%

■応募区分
自主応募:290作品、卒業制作:79作品、その他:152作品

■作品区分
映像:18.7%、アニメーション:17.4%、グラフィック:16.2%、ゲーム:12.2%、
インスタレーション:6.5%、デザイン:5.5%、写真:5.1%、インタラクティブアート:4.4%、
ミュージックビデオ:2.1%、パフォーマンス:2.1%、Web:1.4%、アプリ:0.8%、
ガジェット:0.8%、マンガ:0.7%

————————————————————————————————————————–
19th 学生CGコンテスト / Campus Genius Award
主催:CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
協力:ゲッティ イメージズ ジャパン、成田国際空港、阪急うめだ本店、日交、MIRROR

★問合せ先
CG-ARTS協会「学生CGコンテスト」事務局
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-16
TEL 03-3535-3501 FAX 03-3562-4840 http://www.cgarts.or.jp/scg/contact/